日刊学べる英語ニュース

毎日学べる英語ニュースをお届けします。TOEIC・英検対策にも!

米政府 会見にSkypeでの参加を解禁

f:id:puhtaro:20170201143753j:plain

White House to Add 'Skype Seats' to Daily Press Briefing


Four people will join the daily White House press briefing on Wednesday, as the "inaugural panelists" for "Skype seats," press secretary Sean Spicer said.

In announcing the Skype seats on January 23, Spicer said, "I think this can benefit us all by giving a platform to voices that are not necessarily based here in the Beltway."

チェックポイント

press briefing

「記者会見」

inaugural

「就任(式)の」「開会の」

press secretary

「報道官」

benefit

「〜に利益を与える」

platform

「意見を述べる場所」
他にもいろいろな意味があります。
最近では日本語でもそのまま「プラットフォーム」と言われたりしています。

not necessarily

「必ずしも〜ではない」

■ 部分否定

not + 100%を意味する言葉で表します。

  • not all〜「すべて〜というわけではない」
  • not always〜「いつも〜というわけではない」
  • not everything〜「全部〜というわけではない」

Not all Japanese like anime.
「全ての日本人がアニメ好きというわけではない」

I don't always sleep all day.
「いつも一日中寝ているわけじゃないんだよ」

She doesn't like every pictures I took.
「彼女は僕の撮ったすべての写真を気に入っているわけじゃない」

beltway

「環状道路」

Bを大文字にして"the Beltway"の形で使用する時は、特にワシントンD.C.周辺の環状道路を指し、転じて「ワシントンD.C.」自体を意味します。アメリカの首都のニックネームのようなものです。

日本語訳

米政府 定例記者会見に「スカイプ・シート」を追加

ション・スペイサー報道官は、4名がスカイプ・シートの初めての記者としてホワイトハウスの定例記者会見に参加すると発表した。

1月23日、スカイプ・シートの発表でスペイサー氏は「必ずしも首都を拠点としない意見にも発表する場を与えることで、私達全員の利益に与する」との見解を述べた。

訳のポイント

"inaugural panelists"は、このニュースで一番訳しづらい言葉です。inauguralが「就任の」という意味ですが、ここでは「スカイプ・シートが設置されて一番最初に就任した」という意味合いで使われています。panelistは「パネリスト」「討論の参加者」という意味ですが、ここでは記者会見なので「記者」と訳しています。

saidは英語ニュースでよく登場しますが全てを「〜と言いました」と訳してしまうと大変なことになります。文脈の意味を読んで「〜と述べた」「〜と発表した」など使い分けましょう。

Spicer said, "I think〜."という部分は、「スペイサーは『〜と思う』と述べた」と訳すと簡単すぎる日本語になって違和感があります。

そこで「スペイサーは『〜だ』との見解を述べた」としています。I think〜の部分の持つニュアンスを「見解」という日本語で吸収しています。

編集後記

今までホワイトハウスに入れるのはエリート記者のみで、記者たちにとっては自慢でもあったとのことですが、馬鹿らしい話でもあります。

Skypeでの参加が許されるようになり、ワシントンD.C.から遠く離れた場所にいる記者も質問可能になったとのこと。なんだかいいニュースに思えます。